雑談・エッセイ

スイ、銀座を闊歩す

こんばんわ。スイです。
今日はお仕事お休みだったので午前中は洗濯をしたり、
絵を描いていたりしたのち昼寝をしていたのですが、
意外に1時間くらいでスッと起きてしまいまして。
さてどうしたのもかと我が家のウイスキー棚を無職していましたら、
ふと昼間っから酒を飲んでいる暇はないことに気付きました。

決して忘れていたわけではないのですが、
クリスマスも目前なわけですよ。
そして僕は今週来週は土曜日出勤、
そのあとは夜勤・・・。

いつ買いにいくのか・・・?と自問自答したところ、
まさに今だなと思い、
お風呂に入り体の毒素を抜き出し、
痛めた腰に優しいストレッチをして、
緊張を紛らわすためのウイスキーをクッと飲み、
清掃に着替えネクタイをして大人の街「GINZA」へ向かうことにしたのだった。

イルミネーション・宝石・オトナとブランド

僕は結構私服でシャツとかネクタイはするのですが、
ジャケットにチェスターコートとなると、
これはいやはや顔合わせの時以来のかっちりコーデでして。
クリスマスのプレゼント探しに来たのに、
ちょっと久しぶりの銀座で浮かれてしまったのか。
まぁ・・・完全に浮かれていましたね。
大人になって銀座に来たのって結構限られて来るんですよね。

そもそも僕みたいな低所得者がなかなか足を踏み込むことはないんですよね。
特に僕はブランド品とか気にならないし、
舌も肥えているわけではなくて、
銀座で食事とかって言われるとつい財布をチラッと見てしまうほどです。

銀座と無縁な人生を歩んできたのでついつい自分の生活基準と離れた場所に行くと、
気合とともにネクタイを締めてしまったのだと思います。

時間は夕方だったのですが、
日が傾くのも早い季節になりまして、
地下鉄から地上へ出るとあたりはイルミネーションで、
明るく彩られ、
空は暗いのに目の前の世界は煌びやかで今思い出しても、
普段使わないような言葉がめずらしく顔を出して来ます。

お仕事も定時で上がったであろう夕刻18時過ぎ辺りには、
僕よりも良いコートを羽織り、
僕よりも遥かに高い時計をして、
待ち合わせているであろう紳士や、
ばっちりお化粧も洋服もお洒落GINZAへ出向いた淑女の方々。

もやはこの場所にいるだけで、
引き返したくなる気持ちをグッと抑え、
僕は銀座中心にある交差点付近のドトールで一服していました。

さて、
周りを見てどんどん自分の差を見せつけられドヨンとして来て、
参ったなぁと頭をポリポリかいていると、
そもそも奥さんはブランドとかネックレス興味ないなぁとか思い出して、
結局自分はなんでかわからないが銀座に行きたかっただけなのかなと。

しかしやっぱりこの街は目的なしにこない街だからか、
観察のしがいがある街ですよね。
目的がある人の格好ってわかりやすいのに、
銀座を自転車で通ると楽な銀座周辺の住民さんは、
超ラフな格好で駆け抜けて行ったり。

こんな言い方したら失礼に当たるのは分かっているのですが、
銀座にスエット・・・とか思ってしまったりしました。

GINZAの終着地

結局いろんな店にいって奥さんが好きそうなものを物色したんですが、
何もめぼしいものなく、
恐らく奥さんが好きそうなものは銀座にはなさそうだなぁという結論に至り、
近くの地下鉄駅に向かっている時でした。
フッと思い返すことがありまして。

会社員二年目のゴールデンウィーク、
まだ奥さんと先輩後輩の関係で、
職場のみんなで仕事も早く終わったことだしということで、
電車に乗り八重洲駅周辺で飲んでいまして。

終電で解散しやすいように八重洲駅に集まったのに、
僕と奥さんはなんとなく2軒目に行きたいという話になり。

当時奥さんは一人でバーに行ったりしていて、
僕もウイスキーバーに行きたいという気持ちになっていて、
探した結果かなりお洒落なバーを見つけまして。

僕は初めてのウイスキーバーだったので、
そこにどハマりして。

それから奥さんと結婚するまでの3年間は週1で通っていまして。
結婚後は回数も減って来てしまいまして。

半年ぶりくらいに足を運んでみまして。
そしたらマスターも、
普段は落ち着いて蝶ネクタイもきっちりして、
丸メガネが似合う方なのですが、
ドアを開けると目があったマスターが、
「おおお!!スイさん久しぶりー!」と大きな声を出してくださいまして。

僕が一人で通ってた時は閉店過ぎても居座ってしまっていた迷惑な客だったので、
他の常連さんとの接し方を知っているが故、
他の人と違う反応をしてくれると大変嬉しいのです。

そこでしっぽりとお酒を飲み、
マスターと近況を話し、
杯が進むと漫画の話になり、
時が進むと人生の話になる。

この流れは相も変わらずだったのですが、
時計を見るともうそろそろ奥さんも仕事が終わる頃の時間だったので、
お暇させていただきました。

帰りの電車。
頭を心地よいウイスキーが駆け巡る脳内でふと、
「一人でウイスキーバーに入ってそこそこ会話を楽しめるって、
結構大人じゃネ⁉︎」
と嬉しくて口が緩んでしまいました。

僕のプレゼント作戦はまだまだ終わってはいませんが、
今日のところは気分がいいのでこの辺りで!

ABOUT ME
suis
珈琲好きの会社員です。 アラサー会社員の日々を鋭利に切り抜き 記事を書いていきます