Uncategorized

焙煎度の種類とは?変化ってなに?

焙煎ってなんなの?

こんにちわ!
スイです!
今日は焙煎について話してみようと思います!
焙煎って何って人ってあまりいないかも知れないですけども、
まぁ一応ね。
僕も初心者なのでアウトプットも含め書いていこうと思います。
また記事の最後に焙煎度がよくわからない・・・という方のために、
僕個人でこれはやばい!
っていう珈琲豆を買えるサイトを載せておきますので、
参考にしてみてください!

ざっくりとですが、
焙煎とは生豆を加熱して炒る状態ですね。
生の豆を焙煎することによって、
下の画像のように見た目もわかりやすく変化しています。

焙煎をすることによって「豆本来のフレーバー」ではなく、
化学反応で味や香りに変化がつくわけです。

フレーバーに関しましては前回記事、
「スイ流!珈琲豆の選び方」(下記リンク)参照です!

「スイ流!珈琲豆の選び方」

焙煎の種類

一言に「焙煎」といっても何通り、または何種類もあります。
恐らく皆さんも焙煎と聞くと、
「浅煎り」とか「深煎り」となんとなく出てくると思います。
正解です!
焙煎度は大きく分けて3種類あります。
「浅煎り」と「中煎り」と「深煎り」の3種類があり、
なんとそれだけではないのです。
その中からなんと細かく8種類にも分類されるのです。
実はこれを知ったのは割と最近なのです・・・笑
図にするとこんな感じです

最初知った時「そんなに種類あるんですか!?」と店員さんに食いついてしまい、
焙煎待ちの間詳しく聞いてしまいました。
焙煎中だったのに申し訳ない・・・。

ちなみに今回は僕も焙煎については詳しくなかったのですが、
この記事を書くにあたって近所の焙煎屋に行き、
少量ですが4種類の焙煎度の珈琲を飲んでみたり、
動画や文献を見て読んで、
自分なりによ〜く噛み砕いてみたものを、
記事にしてみました!

☆→文献
★→実際に飲んだ感想
となっています!

浅煎り

焙煎時間が短く苦味よりも酸味が強調される焙煎度。

「ライトロースト」
こちらはほとんど火を通す時間が短く、
豆の色も生豆に近く若干黄色っぽいです。
コーヒの香りやコクが弱く、
わかりやすく酸味がよく出るとされています。

「シナモンロースト」
こちらは若干色味が上がり、
名前の通り「シナモン色」とでも言いましょうか。
こちらは酸味がよく出ていますが、
ライトローストほどではないとされています。

中煎り

苦味と酸味のバランスが良いとされている焙煎度。
豆の色もよく見る茶色っぽい焙煎度で、
流通している珈琲豆の多くは中煎りとされています。

「ミディアムロースト」
豆は薄い茶色。シナモンローストを飲んでいませんので、
なんとも比較しづらいのですが、
動画、文献を見ると苦味は感じられましたが、
やや酸味の方が強く感じました。
アメリカンコーヒーに適した焙煎度とされていて、
やや湯量多めにしたら確かにお店で飲む味の印象に。
またの名を「アメリカンロースト」ともいうそうです。

「ハイロースト」
豆の色は茶色。ミディアムに比べてグッと苦味も感じるように。
一口目にわかりやすく苦味を感じ、
飲んだ後に若干の酸味を感じる感じでした。
いわゆる「中煎り」という印象。
バランスが整っていて飲みやすいという感じでした。
調べてみると焙煎所で迷ったらハイローストとも言われているそうです。

「シティロースト」
豆はハイローストより若干黒色。
僕的にはバランスで言えばシティローストが一番整っているなと感じました。
苦味が全面的にガツン!ときて、
飲み終えてしばらくするとほのかに酸味が感じる程度。
一段階ずつの感想なので文面見ると、
「ほとんど同じじゃない・・・?」と感じるかも知れませんが、
味は割と変化はわかります!
酸味派か苦味派かわからないという方は、
ハイローストかシティローストあたりで決めてみるのもいいのでは?

深煎り

焙煎時間が長く香ばしくてビターな方向になっていきます。
余談なのですが酸味が強い珈琲豆を深煎りにするとすっきりとした味わいなるそうです!
不思議!!

「フルシティロースト」
豆の色は焦茶色。
急に珈琲の香りや味の引き締まりがわかる焙煎度。
僕は苦味派なのですが断然フルシティローストが好きでした!
過去にバレンタイン企画でチョコ風味の豆を買った際に、
フルシティローストを勧められたのですが、
なんとなくその理由がわかる気がします。

「フレンチロースト」
豆の色は黒色。
表面にツヤが見え始めている豆ですね。
味は酸味は一切感じられることなく、
香り高さと深い苦味が感じられるとのこと。
カフェオレやウィンナー珈琲といった、
アレンジ珈琲に向いているとされています。

「イタリアンロースト」
焦げているかのような豆の色。
最長で煎る為かスモーキーさを感じるらしいです。
ブラックのままでは飲みにくく、
砂糖とミルクが必須になる焙煎度だそうです。

以上8つの焙煎度の味の比較でした。
わっっっかりやすいくらいに、
☆と★のコメント量が違いますよね笑

正直この記事を書くために急ピッチで揃えた感がありました。
言い訳なのですが給料日前でお金がなかった・・・笑

ただ自分で飲んでいても、
こうやってわからないことを調べてみていても、
感じるのはやっぱり珈琲の世界は面白い!

断然僕は苦味派なのですが、
これを機にシナモン辺りもたまーに飲んでみようかなと思いました。

「豆」と「焙煎」二つは難しい!!

ここまで焙煎度の違いを書いておいてあれなんですが、
豆とか焙煎とか色々出しておいて、
初心者向けとかいって大混乱しとんじゃ!という方いらっしゃるでしょう。

混乱する人

豆にも苦味と酸味があって、
焙煎度で苦味と酸味があってあばばばば

絶望する人

これだから珈琲初心者は、
珈琲好きと言いづらいのだ・・

待つのです!まぁ待つのです!

僕も豆の種類と焙煎度の違いで酸味がどうたら苦味がどうたらと混乱はしました!
初回でも言いましたが、
好きなことなのでなんでもいいと思うのですよ!
ただ!そんな人でもお手軽に焙煎度違いの珈琲を飲む方法があるのですよ!
今から僕的ネットで買える珈琲豆2店をあげていきます!

チェケラ!

珈琲問屋様

こちら珈琲問屋(こーひーとんや)様です。
↓下記URLです
https://www.tonya.co.jp/shop/c/c1030/
様をつける理由の一つ。

焙煎違いの4種類珈琲豆セットがとんでもなく安い!!

これ最初見つけた時本当に驚きました!
豆を5〜6種の中から選びます!
焙煎度は限られていまして、
どの産地いずれも
・ミディアムロースト
・ハイロースト
・シティーロースト
・フルシティーロースト
の4種類です。
基本いずれも2182円なのですがおすすめパックに限り

な、な、な、なんと1000円!!

別にリンクから飛んでも僕には一銭もお金は入らないので、
気兼なく飛んで買って欲しいです!
僕本当にこれは超超お得ですし、
ネットで買えるから、
「いきなり焙煎所でプロに相談・・・」ということなく、
自宅で4種類の味比べができるのです!
僕的には先みたいな混乱してわからない〜!ってなって、
遠ざかってしまうのが本当にもったいないと思うのです!

せっかく珈琲に興味を持ってくださったのなら、
自分の薦められるものは惜しみなく全部開示していきたいのです!

ちなみにこんな感じで届いてきます!

珈琲きゃろっと様

こちら北海道にあります、
「珈琲きゃろっと」様
↓下記リンク
https://coffeecarrot.jp/products/list.php

こちらは職場の珈琲会(僕が勝手に発足させたもの)の一人が、
教えてくださいました!
ホームページにも紹介が載っています、
焙煎士の内倉さんは国際珈琲鑑定士の資格を持つ方です。

きゃろっと様では焙煎違いのセット、とかはないと思うのですが、
サイトの商品一覧画面に、
その珈琲の甘味や酸味、苦味などがグラフで載っていて、
初めましての方でも、
自分の好みを探すのにはぴったりです!

また配送されますと「きゃろっとマガジン」という冊子が一緒に来まして、
どういう人たちが働いているのかがよくわかります。
僕個人的にはご親切にハガキをくださって、
「なんだかきっと和やかな方たちが一生懸命作って下さったんだなぁ」と、
思ってしまうようなお店です。
それに対して手紙4枚送ってしまった時は、
「ちょっとやりすぎたな」と思いました笑

お人柄はもとより味もめちゃくちゃ美味しいです!

基本的に味比べの時は珈琲問屋さん、
お休みを丁寧に過ごし、かつ極上の休日をこの日は送るぞ!と、
決めた時にはきゃろっとさんで買う、という風に、
自分の中では決めております!

最後に

今回は少し座学チックになってしまってちょっとだけ申し訳ありません。
ただ初心者の方でも知っておくと絶対自分の好きな珈琲に出会える確率が、
グッと上がると思うんですよ!

「フィーリングで豆を買う」というのも正直マンネリ化はないし、
楽しいと言えるのは事実です!
ただこれだけ奥深いものです。
100%全部知るのは難しいかも知れませんが、
ちょっとだけ頭の隅っこに置いておくだけでも、
楽しめるものだと思いましたので今回は記事にしました!
少しでも皆様のお役に立てたのであれば幸いです!!

ABOUT ME
suis
珈琲好きの会社員です。 アラサー会社員の日々を鋭利に切り抜き 記事を書いていきます