ラジオ配信

配信後書き01~REALITYというバーチャル配信の世界~

人生初の一人ラジオ

皆様こんにちわ。
スイと申します。
明日は成人式ということで新成人の皆様は大変だと思います。
女の子は前撮りとか着物とか。
男の子も袴とか着る人いると思います。

溶けたとは言え場所によってはまだ凍結している道もあるので、
足元にはお気をつけてくださいね。

さて、そんな僕と言えば、
Twitterで何度か話していたのですけども、
ここ最近配信アプリで雑談配信というものをしておりまして。

まぁ自分に見立てたアバターを作成し、
あとはお話をするだけ、という感じなのですが。

学生時代に部活の一環でラジオ局でラジオをさせていただいた時から、
ラジオというものがずっとやりたくて。
なかなかどうしたらいいのかと頭を悩ませていましたが、
その時見つけたのがREALITYというアプリでした。

最近バーチャルユーチューバーにもはまっていて、
なんというか今の自分のやってみたいことを全て満たしてくれるアプリだったので、
インストールまでは早かったでした。

問題はいざ配信の時ですよね。
正直悩みました。
声に少しコンプレックスがあるのでめちゃくちゃ悩みました。
まぁ反省とかも踏まえて書いていきます笑

初回配信〜やり直し配信(第1回目)

配信までに3時間ほど悩んで、
罵詈雑言を覚悟して配信ボタンを押したPM5時。
配信してすぐに何人かの方が見にきてくださいまして。

少し気がほぐれてきた時にまさかの、
「ピンポーン」
というチャイム音。

普段Vチューバーの配信事故とかでよく見る、
生配信中の宅配。
初回の初回でそんなことあるのか!?と思い誤って何も言わず配信終了ボタンを。

荷物を受け取り後悔の念で唸っている中リトライ配信。
1回目の配信でコメントをくれた方がまたきてくれたり、
REALITYのありがたい機能で「コラボ機能」というものがありまして。

配信者同士でお話ができる機能で、
まぁ中には奇声を発してその場を戦慄させる輩もいると聞きますが、
僕の場合は今の所本当に心優しい人ばかりで。

そのやり直し配信でもすごい色々教えてくれる方が参加してくださって、
その人とはお友達になれました!
この方のおかげで次の配信も近いうちにしようと決めることができましたね。

配信2回目(午前の部)


奥さんをお仕事に送り、
お洗濯をして猫と少し遊んでから配信を開始。
一人で話していると早速コラボで入ってくれた方が。
またこの日はずっとコメント欄で話を盛り上げてくれる方もいて、
楽しかったですね。

前の日は40分ほどの配信で本当に体験!みたいな感じだったんですが、
この日は1時間と決めていたのに結果4時間半!
その間もいろんな人が会話に参加してくれて。

5〜6人くらいの人とお話ししてたくさん笑わせていただきました!
喫煙トークとかお酒トークとか、
白米に合わせたら何が美味しいかとか、
苦手な人との付き合い方どうすればいいとか、
いろんな質問をもらっていると、
本当にラジオをしているような気がしてきまして。

なんだか少しずつ変わってはいきましたが、
自分のやりたいことはこういうことなんだな!とか思ったりして。

最後の最後にずっとコメント欄で盛り上げてきてくれた方が、
コラボで入ってくれてイケボを聴かせていただきながら、
配信の総まとめみたいなことも楽しかったですね。
みんないなくなった後だったので、
なんだか文化祭の終わった後みたいな感じでよかった笑

配信2回目(午後の部)

正直結構喉が痛くなり始めたので、
2時間だけ少しだけおしゃべりしたいなって思って配信つけたら、
またありがたいことにたくさんの方が見にきてくれて。
結果を話すと2時間配信が4時間配信になってました。

しかも午後は午後でお酒好きな人が集まり、
いわゆる「飲み枠」なんてものになってきまして。
もう愉快愉快のお時間過ごさせていただきました。
すごい日本語が上手なギリシャの方ともお友達になれたり、
コメントも「ぼんちゃん」と呼ばせてもらっていると友達がいまして。
そのぼんちゃんのお友達がどんどんきてくれて。

あぁー!たのしいー!という感じになっていました。

辞めたくないっていうのはもうずっと毎回起こるのですが、
奥さんがいて現実のやらなきゃいけないこともあるので、
あまりどっっぷりと浸かれないし浸かるわけにもいかなくて。

あくまで上手な付き合いをすることが優先でして。
基本的には奥さんとの時間優先なので配信はまぁなかなかできないんですけどね。

それでもそれを守ってくれるならちゃんと楽しんでね!なんて言ってくれたので、
節度と限度を確認しつつ楽しんでいけたらなと思います。

後書きはこんな感じでーす!

ABOUT ME
suis
珈琲好きの会社員です。 アラサー会社員の日々を鋭利に切り抜き 記事を書いていきます